会社概要

C-View Technologies Limited (CVT) は、ビジネス分野を問わず、あらゆるタイプの企業の業務能力を評価し、変革するための使いやすいテクノロジーを、2010年以来開発してきました。

その中心にあるのは、評価と変革のためのホスト型プラットフォーム「The Excellence Platform(エクセレンスプラットフォーム)= TEP(テップ) 」と、膨大な数のビジネスモジュール
からなる豊富なライブラリーです。

沿革

CVTは、二人の業界エキスパート、グレゴリー・J・スミスとサンドリン・ステッドによって考案されました。ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学時代からビジネス理論に精通し、
世界的なブルーチップ企業の成長戦略の策定と実行を経験している二人の高次元の知識・能力に支えられています。

スミスとステッドが前々から実感していたことは、ビジネスの成長を持続するための鍵となるのは、業務(オペレーション)において競争相手の上を行くことである、ということでした。
プロフェッショナル・サービスの企業から提供される中途半端なアイデアの中から情報をかきわけたり、今ひとつ役に立たないソフトウェアと奮闘したりするのに辟易し、二人は通常の
サポートの提供元に幻滅していました。一方で、論理的な方法を適用して磨きをかけることで、卓越した成果を得られることを二人は発見しました。

ひらめきの瞬間が訪れたのは、真のクラウド環境でのP2P(ピアツーピア)連携により、2つのプロセスを促進することの可能性に気が付いた時でした。このプロセスの一つは、複数の
利害関係者からのオペレーション・パフォーマンスの評価、もうひとつは、予測アルゴリズムとコンピテンシー・フレームワークを使用したコンサルティング・アズ・ア・サービス
(サービスとしてのコンサルティング)の提供による変革の自動化です。

これにより、以前は何カ月もの期間を要し、複数のサポートリソースを投入して結果を得ていたプロセスが改良され、数日の期間で、最低限のリソースしか投入せずに結果を得られるようになりました。

世界での導入状況

エクセレンスプラットフォーム・ソリューションは、世界最大クラスの組織をはじめ、世界的に導入が進んでいます。また、CVTはこの成功を踏まえ、さらに急速な成長を続けています。